【脱毛ラボ】

脱毛サロン利用前に考えたいこと(火傷、色素沈着編)

脱毛サロンの光脱毛を利用する場合、火傷、色素沈着のリスクも考えておきましょう。

火傷によるリスクですが、レーザーや光脱毛は熱を使う脱毛方法です。その為、高い熱量を使うと火傷が起こる危険性が上がります。特に細い毛を脱毛したい場合は、高い熱量でないと効果が出にくいので、必然的に火傷のリスクが上がります。

火傷を少しでも防ぐためには、施術後、しっかりと保湿を行うことです。

お肌の水分量が不足していると、お肌を守るバリア機能が弱く、火傷の可能性が上がります。脱毛を行っている間は施術後しっかりと保湿を行いましょう。

また色素沈着のリスクも考えておきましょう。脱毛火傷をしたり、また火傷まで行かなくてもお肌の軽い炎症を起こす場合もあるでしょう。そこが治る時にメラニン色素が過剰に生成され、お肌が黒くくすんでしまう現象です。色素沈着になるとお肌の生まれ変わりで治していきますので、完治するのに時間がかかります

赤みが出ている間は日に当たらないように努めましょう。

赤みが出ている時に日に当たると、メラニン色素が異常に発生します。赤みが出ている間はその患部は日に当てない様にしましょう。

「日本一予約の取れる脱毛サロン」を目指す格安全身脱毛の【脱毛ラボ】はこちらからどうぞ!

 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを